宮城ブルーカーボンプロジェクト

津波の被害から立ち直った水産業。
受け継がれてきた伝統とともに、持続的な成長産業へと繋がる次の一手。
みやぎの海にブルーカーボンの森をつくります!

MIYAGI Green Coast Project|宮城ブルーカーボンプロジェクト
宮城ブルーカーボン
プロジェクトのこれから

海にCO2を固定化する藻の畑を創り
漁業をBlueにイノベーションする。

  • Photo Image
  • Photo Image
  • Photo Image
  • Photo Image

2011年からいままで。時を経て以前の水準に戻りつつあるみやぎの水産業。国際的な視点で注目される漁業・養殖業にブルーカーボンが新たに加わり、サステナブルな社会に貢献

脱炭素に注目が集まるブルーカーボン。
みやぎの海に大規模な藻場を形成します。【モデル地区での実践】
モデル地区を設定し、事業生産性と環境への影響を検証しながら藻場造成や海藻養殖の増産を推進します。
インベントリの収集とCO2算定の技術開発を進め、ブルーカーボンを算定します。【評価技術の開発】
インベントリと呼ばれるCO2固定・排出原単位を収集・作成・整理して、ブルーカーボンにより固定したCO2を明らかにします。
みやぎをブルーカーボンの発信拠点へと育てます。【普及・指導・広報】
セミナーやシンポジウムの開催、水族館とのコラボ、WEBツールなどを活用して県民の意識を啓発し、ブルーカーボンに対する機運を醸成します。
みやぎブルーカーボンプロジェクトの司令塔として活動します。【宮城県ブルーカーボン協議会】
業界、専門家、行政などで構成する協議会が中心となって、進捗管理や結果の検証を行いながら、ブルーカーボンの森を育みます。

世界でここだけ。震災を経験した三陸での大規模な藻場の回復を目指す。
ここが世界的にも大切に思える場所になるよう、ご協力お願いいたします。

bg bg bg bg